不動産投資は投資初心者でも安全に利益が出せる

グラフ

初心者に始めやすい投資方法

たくさんある投資の中でも、初心者の人でも始めやすいのが不動産投資です。普通、マンションやアパートを買う時は、自分の住む場所として部屋を購入します。しかし、不動産投資は投資を目的にしてマンションやアパートを購入します。購入した不動産を売却したり、人に貸して家賃収入の利益を得ることが出来ます。

硬貨

低リスクで出来る投資方法

一時期ブームだったFXや株式などの投資方法より、不動産投資は安全に利益を得ることが出来ます。不動産投資は長期的な投資で安定した利益を見込めることが出来ます。ですので、最近は働きながら不動産投資を始める人が多くなっています。

家

不動産投資は時間がなくても始められる

不動産投資を特にオススメしたいのが、サラリーマンや公務員の方です。不動産投資はFXみたいに常に流れをチェックする必要がありません。不動産の管理は不動産投資専門の会社があるので不動産を信託することが出来ます。また、不動産を持っていると会社が利益を運用して節税するのと同じように、本業の所得税の負担を減らすことが出来るのです。

[PR]
不動産投資はサラリーマンでも利用できる!
賃貸経営の情報を大特集♪

国内不動産投資と海外不動産投資の違い

海外不動産

海外不動産投資には先進国と経済の発展がめまぐるしい発展途上国の2種類があります。発展途上国は投資先として将来性が高いです。また、不動産の値段も安いのが特徴です。しかし、不動産に関する法律や、為替の変動などがよくあります。なので、海外不動産投資を始めるのであれば、不動産がある国や地域の情報を知ることが重要なポイントになります。

国内不動産

日本の多くの不動産投資は家賃収入を得るための投資法です。なので、海外不動産投資よりも長期的な投資方法です。ローリスクで始められるので人気の投資方法です。都市銀行だけではなく地方銀行や信用金庫などの機関で不動産投資の融資のサービスが受けられます。

投資期間に違いがある場合もあります

国内の不動産投資は家賃収入で利益を得ます。一方、海外不動産投資は不動産を売却して利益を得るという違いがあります。不動産投資は基本的には長期的な投資方法ですが、海外不動産の場合は売却をして利益を得るので国内の不動産投資よりも短期間になる場合があります。

オススメコラム

空き部屋

成功の秘訣は賃貸保証会社

マンションオーナーになった目的が家賃収入の場合、空室で家賃が発生しない時期や家賃を滞納されてしまう可能性があることを頭に入れておきましょう。そうしたトラブルを回避したいのであれば家賃保証会社の利用をオススメします。

詳細へ

一般管理は初心者には難しい

不動産投資で失敗する人の多くは不動産を一般管理にしている場合が多いです。一般管理ですと、不動産の空室時期は収入を得ることができません。ですが、サブリースを利用することで空室でも保証を受けられることが出来ます。このサブリースの内容は会社によってさまざまですので、不動産投資の際に内容をしっかり確認しておきましょう。

不動産を購入する時に必要なもの

  • 手付金
  • 実印
  • 免許証や保険証
  • 自宅ローンの返済予定表
  • 源泉徴収票(3年前のものまで用意すること)
  • 納税証明証
  • 課税証明
  • 住民票
  • 印鑑証明

駐車場施工は専門業者に頼もう♪

[PR]
賃貸管理業者が多数登録中
優良会社がきっと見つかる♪