ロゴ

家賃保証会社がすこぶる便利[最新の不動産会社事情]

HOME>レポート>メリットだらけの家賃保証会社に中目しておこう

メリットだらけの家賃保証会社に中目しておこう

模型

連帯保証人に代わる第三者

賃貸でアパートやマンションを借りる際、借主が万が一家賃を払えなかった場合変わりに支払いの義務が生じるのが連帯保証人です。親族等にお願いするケースが多いですが、核家族化や高齢化が進む中、頼める家族や友人がいなくて困ってしまうこともあります。金銭がからむため頼まれたほうもどうしても慎重になりよほど信頼のおける人からの依頼以外は断るケースもあるでしょう。そんな時連帯保証人になってくれる第三者企業が家賃保証会社です。最近は賃貸広告に「連帯保証人不要物件」として募集している不動産も多く契約時連帯保証人をつけずに家賃保証会社を利用することが条件となっていることが多々あります。賃貸契約時に家賃の半月分〜1か月分、固定で数万円など契約する会社規定の金額を家賃契約会社に支払うことで契約が締結します。

女性

保証内容とメリット

家賃保証会社を借主が利用している場合、オーナー側にとっては家賃滞納のリスクが激減するというメリットがあります。連帯保証人と比較して滞納分の回収の解決率・スピードが非常に高いからです。借主が万が一滞納した場合、従来は不動産の管理会社やオーナーから直接支払いの依頼がありましたが家賃保証会社を通している場合、未納分をいったん立替で家賃保証会社が支払ってくれます。当然のことですがその後厳しい督促があります。また最近は家賃保証データベースに滞納情報を共有する会社も増え過去の遅延履歴などが確認できるようになっています。支払い遅延が多い場合新たに物件を契約する際、審査に通らず保証契約をしてもらえないこともあります。信用第一ですので支払いはできる限り滞らないようにしましょう。